東藝術倶楽部瓦版 20180528:旗本役最高の役職の一つ「留守居」

 

おはようございます。本日は、午後からセメント用耐火物研究会で、中国の環境政策と日本企業の中国ビジネスへの影響について講演してきます。環境規制を強く求める一方、実情をよく理解していない規制当局の担当者による過度な規制により、生産に影響が出ている企業も少なくありません。中国の環境規制の実情を紹介するとともに、日本企業として如何に対応していくべきか、何らかの示唆を示すことができればと思います。

 

さて、本日からは中奥から離れて表に戻り、旗本役の役職について紹介していきたいと思います。今回は「留守居(るすい)」です。

 

留守居は、江戸幕府以外の諸藩にも置かれていた職制で、諸藩では「江戸留守居役」、「御城使(ごじょうし)」とも呼ばれ、江戸に常駐して幕府と藩の公務連絡や幕府公認の留守居組合を作って他藩との情報交換をすることが主な任務とされていました。今でいうところの外交官といったところでしょう。

 

一方、江戸幕府においては、老中支配の旗本役で、大奥の取り締まり、奥向き女中の諸門の出入り、諸国関所の女通行手形の管理、将軍不在時の江戸城の留守を守ることが主な役割でした。旗本役としては最高の職位の一つであったことから、万石以上の城主格の待遇を受けていました。例えば次男まで御目見えが許されたり、下屋敷を与えられたりしたことです。