東藝術倶楽部瓦版 20190408:五街道としての「東海道」

 

おはようございます。昨日、日本では一部の府道県、政令指定都市の長や議会議員を決める統一地方選挙が行われました。争点となっていた大阪都構想を掲げた大阪府知事・大阪市長のダブル選挙では、予想通り維新の会が勝利しました。一方、野党が共闘して与野党一騎打ちの戦いとなった北海道知事選では与党が勝利するなど、結果は地方によってまちまちだったようです。夏の参議院選を控え、与野党の攻防が激しさを増すことになると思いますが、いずれが勝つにせよ、この先、日本がよくなることはあるのでしょうか?

 

さて、本日は五街道の「東海道」について紹介したいと思います。以前にも説明した通り、慶長6年(1601年)に徳川家康が五街道整備の方針を掲げ、五つの街道と宿場制度を制定することによって、街道としての東海道が誕生することになりました。慶長6年に始まった東海道の整備は徐々に進められていき、寛永元年(1624年)の庄野宿の設立によって、東海道が一応完成することになります。

 

東海道は、一般的には江戸の日本橋から京の三条大橋に至る街道で、その間には53カ所の宿場、いわゆる「東海道五十三次」を設置し、箱根と新居(あらい)〔今切(いまぎれ)関所〕に関所を設けました。その距離490キロメートル余りで、この後整備される山間部を通る中山道に比べ40キロメートルほど短くなっています。現在の国道1号線、25号線、163号線にほぼ沿ったルートです。五十三次は、具体的には以下の通りです(日本橋、三条大橋は五十三次には含まれていません)。

武蔵:[日本橋(江戸)]-品川-川崎-神奈川-保土ヶ谷-〔4宿〕

相模:戸塚-藤沢-平塚-大磯-小田原-箱根-〔6宿〕

伊豆:三島-〔1宿〕

駿河:沼津-原-吉原-蒲原-由比-興津-江尻-府中-鞠子-岡部-藤枝-島田-〔12宿〕

遠江:金谷-日坂-掛川-袋井-見附-浜松-舞坂-新居-白須賀-〔9宿〕

三河:二川-吉田-御油-赤坂-藤川-岡崎-池鯉鮒-〔7宿〕

尾張:鳴海-宮(熱田)-〔2宿〕

伊勢:桑名-四日市-石薬師-庄野-亀山-関-坂下-〔7宿〕

近江:土山-水口-石部-草津-大津-〔5宿〕

山城:[三条大橋(京)]

 

東海道には、人の通行を阻む大きな河川が何本もありました。六郷川(多摩川)、馬入(ばにゅう)川(相模川)、富士川、天竜川には船渡しによる渡河が行われていましたが、大井川、安倍川、酒匂(さかわ)川では江戸幕府により船渡しが禁止されており、川越人足と呼ばれる歩行渡しによる渡河が行われていました。これは江戸城防衛という軍事上の理由が最も大きなものと言えますが、大井川は川床に砂礫層が堆積し、橋脚杭を深く打ち込むことができず、安全な橋がかけることができないということも理由の一つであったようです。雨で水位が上昇すると、「川止め」と呼ばれる渡河の禁止が命じられました。