東藝術倶楽部瓦版 20190612:山の内というふに至れば新発田よりの御番所あり-「会津街道」

 

おはようございます。現在、我が職場では即戦力となる若手の人材募集をしています。人材派遣会社を通じて募集し、昨日も2人の面接試験を行いました。一般に、財団法人や社団法人といった団体組織は、業務的に忙しいイメージはありませんが、我が職場は残業や海外(中国)出張は日常茶飯事で、表舞台には出難い下積みの仕事が業務の大半を占めています。しかも、裏方の業務に終始する者と、下積みの苦労を活かして表舞台で活躍する者とに分かれ、裏方で終始しようとすれば、いわゆる「やっつけ仕事」で終わるわけですから、まあ給料以上の仕事をしようとする気持ちにもならないでしょう。それは人それぞれの価値観ですから、どうこう言うつもりはまったくありません。とはいえ、せっかく下積みの苦労をしてそれなりのスキルを身に付けたのですから、それを活かしてもっと世界を広げ、更に成長していきたいという気持ちも大事かと思います。逆に、そうした地道な苦労があるからこそ、表舞台に出たときに、しっかりとした裏付けがあるわけですから、自分の自信にもつながるし、根拠ある話ができるのです。テレビやSNS等で華々しい世界が目立つわけですが、先ずはその裏にある厳しい現実を知ることが最初の課題かと思います。明日は、国際善隣協会というところで講演を行う関係で、瓦版をお休み致します。

 

さて、本日は「佐渡路(さどじ)」の一つに数えられる「会津街道(あいづかいどう)」について紹介したいと思います。佐渡路とは、中央から佐渡に通じる陸海路を指します。古代の駅路では小路としての北陸道で、海路は越前国敦賀(つるが)津より渡船して、越中国亘理(わたり)湊を経て佐渡に至るルートです。

 

江戸時代には、脇街道として、中山道の信濃国追分宿から分岐して越後国出雲崎宿に出る「北国街道」、中山道の上野国高崎宿から分岐して越後国寺泊宿に出る「三国街道」、そして奥州街道の陸奥国(磐城国)白河宿から分かれて越後国新潟に出る会津街道の3つを「佐渡三道」と呼んでおり、出雲崎、寺泊、新潟がそれぞれ佐渡への渡海場になっていました。