東藝術瓦版 111021-02 :どこまでも責任逃ればかり!

こんばんは! 東京の週末は雨の予報です。先ほども、職場が近いのでアートメディア本社まで行ってきたのですが、少し小雨が降っていて、風がありました。少しずつ冬が近づいてきているようです。
 
さて、先日福島第1原発で亡くなった作業員の死因が敗血症ショックであったとの報道がありました。免疫力の低下が原因のようですが、東電は作業と死亡との因果関係はないとしています。放射能によって、免疫力が低下することは国際的にすでに知られていることで、こうしたことを知らない東電は無知といわれるだけでなく、無責任であると各方面から避難の的となることは間違いありません。
 
どこまでも責任を回避することしか頭にない魑魅魍魎の輩どもで、人の形をしているが本質は人でない連中であるといえるでしょう。被曝線量2.02ミリシーベルト。間違いなく放射線による免疫力低下です。
 
東藝術倶楽部事務局 広報担当 高見澤
 
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111021/dst11102113020009-n1.htm
 
死因は敗血症性ショック 死亡の福島第1原発作業員

2011.10.21 13:00 

 東京電力は21日、今月6日に福島第1原発で作業中に倒れ、死亡した50代の男性作業員の死因が、後腹膜膿瘍(のうよう)による敗血症ショックだったと発表した。
 後腹膜膿瘍とは細菌感染などにより、腹膜に膿がたまった状態。免疫力の低下などで、細菌が全身にまわった可能性があるという。
 東電は男性作業員について、被曝線量が2・02ミリシーベルトと低く、外傷もないことなどから、作業と死亡との因果関係はないとした。

 

東藝術倶楽部オフィシャルサイト:http://www.azuma-geijutsu.com/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://azuma-geijutsu.com/mt/mt-tb.cgi/95

コメントする