東藝術倶楽部瓦版 20210118:【江戸の町その58】江戸城西の守りの要-「市谷」

東藝術倶楽部会員各位

おはようございます。先般、瓦版を東藝術倶楽部ホームページのブログに直接貼り付けるようお知らせしましたが、本日は皆様に会員に関する事項(詳細略)をお伝えする必要があることから、取り急ぎ瓦版をお送りしたいと思います。次回以降は、前回お伝えした通り、ホームページでご覧ください。


さて、本日は「市谷(いちがや)」について紹介ましょう。市谷は、現在の東京都新宿区にある地域名で、駅名などでは「市ヶ谷」と記されることもあります。JR市ヶ谷駅の西側に広がる台地を中心とした地域で、靖国通りや外苑東通り、大久保通りなどの大通りに接しています。ただ、市谷という地名は存在せず、市谷を冠した「市谷○○」という地名は数多く存在しています。

徳川家康が江戸入府後、江戸城の築城や街道整備に伴って、未開の地であった新宿辺りにも多くの武家屋敷が置かれるようになります。江戸城の西側の守りの要として、市谷は重要な地域とされました。市谷元村町には御三家の一つ尾張徳川家の広大な上屋敷があり、市谷加賀町はその名称からも分かるように金沢藩前田光高夫人・大姫の屋敷がありました。このほか、市谷仲之町や市谷甲良町などには下級武士の大縄地が置かれていました。

市谷の地名の由来には諸説あります。まず、「市谷孫四郎の領地」との記録が鎌倉時代の正和元年(1312年)の鶴岡八幡宮文書にあり、そこから市谷の地名となったという説です。ただ、市谷孫四郎という人物については、平安時代の守護代とも言われていますが、実際のところはよく分かりません。

次に、室町時代に、現在の市谷八幡町にある「市谷亀岡八幡宮」の門前で毎月6回開かれていた市に由来する「市買(いちがい)」がなまったという説です。そして、近くに四谷という地名があるように、この付近で「一番の谷」、「一の谷」に由来する説です。