東藝術倶楽部瓦版 20190517:山陰と山陽を結ぶ中国地方の脇街道

 

おはようございます。昨日は急用で瓦版の更新ができず、失礼しました。新年度事業も準備期間が過ぎ、いよいよ本格的に動き出し、私としてもますます忙しくなりそうです。来週火曜日21日からは北京出張、再来週水曜日29日からは東北宮城県仙台出張、来月10日からは再度北京出張と目まぐるしい勢いで外での活動が増えてきます。今日も朝から中国政府・国務院参事室一行の表敬を受け、午後は経済産業省での会議と、日中両政府絡みの事業が続きます。

さて、本日は中国地方のその他の脇街道について紹介してみたいと思います。畿内と中国地方を結ぶ大きな街道として西国街道(山陽道)と山陰道について紹介したところですが、この西国街道と山陰道を結ぶ重要なルートがいくつかあるので、ここで主なものを紹介しておきましょう。

 

先ずは「因幡街道」です。因幡街道は、播磨国(兵庫県南西部)姫路と因幡国(鳥取県東部)鳥取を結ぶ道のことで、主に二つのルートがありました。その一つは鳥取から智頭(ちずかい)を経て使戸坂峠(しどざかとうげ)を越えて山陽道に至る「智頭街道(智頭往来)」です。このルートは鳥取藩の参勤交代にも使われ「上方往来」とも呼ばれていました。もう一つのルートは鳥取から若桜(わかさ)を経て戸倉峠を越えて姫路に至る「若桜街道(若桜往来)」です。この道は因幡国八東(はっとう)地域を通ることから「八東往来」とも呼ばれていました。