おはようございます。先週金曜日に東京都内で行われた「第1回自動運転に関する日中官民合同セミナー」は無事に終了することができました。金曜日お昼のNHKニュースでその模様が報道され、日本自動車工業会と中国自動車工業協会との間で覚書の調印式が行われた場面で、私の姿が映っていたと聞きました。ちょうどその時はVIP昼食会の司会を務めていたので、ニュースなど見ているヒマもありませんでしたが、NHKニュースを見ていた某民放局の友人が教えてくれました。

 

さて、本日は「定橋掛(じょうばしがかり)」について紹介したいと思います。

 

江戸の町が江戸城を取り囲む内堀、外堀と絡み合いながら各所に水路が通っていたことは、すでに紹介してきた通りです。水路があるということは、人や馬が通るために、そこに架かる橋も少なくなかったことは想像に難くありません。

 

江戸の水路・河川に架かる主な橋は、基本的には江戸幕府が普請しています。幕府の経費で架けられた橋を「公儀橋」と呼びますが、江戸市中には125カ所あったとされています。この江戸市中にある公儀橋とその下を流れる河川を管理していたのが、江戸奉行所に置かれていた定橋掛で、「橋廻り」とも呼ばれていました。

 

定橋掛の主な業務は、こうした橋梁の破損の報告、保存・修繕でした。定員は、「定橋掛与力」が南北奉行所それぞれ1騎、「定橋掛同心」がそれぞれ2名となっていました。

 

時代劇などでは、奉行所内で閑職として取り扱われていることもありますが、江戸の人たちにとって橋は生活に直結した重要なインフラでした。ですから、実際には地味ではありますが、非常に重要な役職であったことは間違いありません。

 

高見澤

 

おはようございます。明後日12日は、東京お台場にあるグランドニッコー東京台場ホテルで、「第1回自動運転に関する日中官民合同セミナー」が開催されます。当初、北京での開催を予定していたのですが、中国側の強い要請により、東京で開催することになりました。中国からは工業情報化省の副大臣が参加、日本からも経済産業副大臣クラスの出席を予定しています。明日、午前中に両役所の幹部と現地で打合せ、その翌日は本番と、事務所に戻ることは午後、または夕方になってしまうことから、瓦版も明日、明後日は休刊とさせていただきます。

 

さて、本日は江戸の交通整理舞台として動員された「下馬廻り同心」と「門前廻り同心」について紹介していきましょう。下馬廻り同心、門前廻り同心ともに、どちらも上役としての与力は置かれておらず、いずれも三廻り同心と同様に江戸町奉行直属の役職です。

 

先ず、下馬廻り同心ですが、ここで意味する「下馬(げば)」とは、江戸城大手門前に立てられた「下馬札(げばふだ)」のことを指します。下馬札は、その先へは乗馬での出入りを禁止する立札のことで、江戸城においては、将軍以外はその身分に応じて城内での下馬の制限を受けていました。

 

この下馬廻り同心の役目は、江戸城登城の大名の行列が頻繁に出入りする大手門広場やその周辺の交通の混雑を整理することでした。とはいえ、町奉行所の同心程度の身分では、大名やその家臣に直接指示することは到底できないので、実質的には大名行列を見物するために集まった民衆や、その見物客相手に出店する食べ物の屋台などの整理が主な任務であったようです。定員は南北奉行所それぞれ6名でした。

 

次に、門前廻り同心ですが、こちらは江戸後期に新設された役職で、月番老中や若年寄の屋敷門前の交通整理にあたった役職です。幕政の中枢を担う老中や若年寄は、月番ともなると、大名や旗本、更には御用商人などからの陳情や相談が増えてきます。

 

そこで、幕府は月に何日か「対客日」という陳情が許される日を設けていました。その対客日には、老中や若年寄の屋敷門前が出入りする大名や旗本の供回りで混雑するものですから、その整理にあたるために門前廻り同心が赴いていました。この定員は南北奉行所それぞれ10名とされていました。

 

高見澤

 

おはようございます。この3連休もあっという間に過ぎてしまい、また新たなウイークデイが始まりました。その間に、米国ポンペオ国務長官の北朝鮮訪問、中国でのICPO総裁・孟宏偉氏の突然の拘束、ハイチでのM5.9の地震、ノーベル経済学賞の発表など、世界ではいろいろなニュースが駆け巡っています。こうしたニュースが意味するところが何なのか、いずれ「時」がその真実を明らかにしてくれるでしょうが、それを分かるよう努めないと、益々生き難い世の中になるだけかもしれません。

 

さて、本日は、「硝石会所(しょうせきかいしょ)見廻り方」について紹介したいと思います。

 

「硝石(しょうせき)」とは、硝酸塩鉱物の一種で、化学物質としては「硝酸カリウム(KNO3)」のことです。硝酸カリウムはエジプト、アラビア等の砂漠地方では天然に産出されますが、通常は合成によるものが大部分を占めています。窒素化合物でもあることから、昔から肥料や染料の原料として使われてきました。また、食中毒の原因となるボツリヌス菌等細菌の繁殖を抑える効果があることから、昔から防腐剤・発色剤など食品添加物の「亜硝酸塩」としても利用されてきています。

 

このほか、硝石が重要視されたのは、それが「黒色火薬」の主原料であったからです。黒色火薬は木炭と硫黄に酸化剤として硝石を混ぜることで出来上がる火薬です。雨の多い日本では天然の硝石がとれることはなく、もっぱら「古土法」と呼ばれる古い家屋の床下の土から硝石を抽出する方法がとられていましたが、生産量としてはそれほど多くはありませんでした。