おはようございます。ここ数日は夏を思わせるような暑い日が続いています。もっとも暦の上では既に夏ですが、それにしても5月にしてこの暑さは異常かもしれません。

 

さて、本日は二月の和風月名、「如月(きさらぎ)」についてご紹介したいと思います。如月の語源については、実のところよく分かっていません。中国最古の字書とされる紀元前2世紀頃に成立された『爾雅(じが)』の「釈天(しゃくてん)」編に「二月を如となす」とあり、これが中国での二月の異称であることに由来しているとも考えられます。しかし、「如月(じげつ)」と「キサラギ」の呼び名がどう結び付くのかはまったくもって分からないのです。

 

如月は「衣更着」とも書きます。『竹取物語』に「きさらぎ十日頃...」とあるようですが、「キサラギ」が古代においては極めて用例が少なく、その意味するところもほとんど分かっていません。また、『日本書紀』では、「二月」と書いて「キサラギ」と訓ませているので、「如月」や「衣更着」などの当て字は、かなり後世になってからだと考えれます。

 

このキサラギという呼び名の由来には諸説あります。二月はまだ寒さが残っているので衣(きぬ)を更に重ね着するので「きぬさらにき月」といったのが短くなり「衣更着」になったという説。草木の芽の張り出す月、すなわち「草木張月(くさきはりづき)」が「きはりづき」→「きさらづき」→「きさらぎ」となったという説。旧暦二月はツバメが来る季節なので、前の年の雁に続いてツバメが来たという意味で「来更来(きさらぎ)」という説。陽気が発達する時期だから「気更来」など、ここまで来ると言いたい放題、とったところです。

 

ちなみに、「草木張月」は江戸中期の国学者である賀茂真淵の主張です。次回からは二月の年中行事について紹介していきたいと思います。

 

 

おはようございます。今朝の東京は薄曇りながら日の光が差し込んで、比較的気持ちの良い朝になっています。

 

さて、今日のテーマは「小正月」です。旧暦1月1日を「大正月(おおしょうがつ)」というのに対し、正月15日を「小正月(こしょうがつ)」と呼んでいます。大正月は男性中心の行事が続き、「松の内」は女性が休む暇もないほど忙しく働かなければなりません。そこで、松の内が過ぎた15日に女性が年賀に出向いたり、この日に女性だけが集まって飲食や娯楽に興じる風習があったので、別名「女正月(おんなしょうがつ)」とも呼ばれています。

 

1月1日というのは暦の上での年初です。古来日本では、中国から伝来した立春正月思想が一般的で、その立春が1月1日になるとは限りません。また、日本には「望」、すなわち満月の日(旧暦15日)を正月として祝う風習があり、小正月はその名残だとも言われています。

 

中国では今でも旧暦1月1日を「春節」として盛大に祝います。現在の公休は3日間で前後の土日を調整して7日間の連休にしていますが、元来正月が終わるのは15日の「元宵節」で、それまでの間はゆっくり休むが一般的な習慣です。15日には「団圓」や「元宵」と呼ばれるお団子のような食べ物を食べて正月最後の日を祝います。

 

江戸時代は、年神様や先祖を迎えるのが大正月、家庭的な行事を行うのが小正月として、夏の盆と同様に大切な節目になっていたようです。また、大正月に門松を飾るのに対し、小正月には餅や団子を小さくまるめて柳などの木の枝につけた「餅花(もちばな)〔繭玉(まゆだま)〕」などを飾りました。これは豊作の「予祝(よしゅく)」の大切な行事でもあったので、「花正月」とも言われています。

 

日本では、小正月の麻には「小豆粥」を食べる習慣があります。また、「どんど焼き」と呼ばれる正月飾りや古いお札などを燃やす行事が神社などで行われます。江戸時代の農民は、大正月よりも小正月の方を本来の正月として祝っていたようです。

 

高見澤

 

おはようございます。今日は金曜日、あっという間に時間が過ぎてしまうことに、哀しみを感じる歳になってしまいましたが、それでも気力は十分、色々なことに挑戦していきたい気持ちだけが先行し、中々身体がそれに着いていけないのが残念なところです。

 

さて、本日もまた睦月の年中行事のお話をしたいと思います。テーマは「恵方詣(えほうまいり)」です。以前、本メルマガでも「暦注」の「八将神」のところで、移動する方位神として「歳徳神(としとくじん)〔恵方〕」が尊ばれることを紹介したことがあるかと思います。この歳徳神は正月の神とされ、その年の福徳を司ると言われています。この神がいる方角を「恵方」といい、江戸時代までは年初に居住地からみてその方角にある寺社に参詣するのが一般的な恵方詣でした。今では方角に関係なく詣でる習慣が定着し、「初詣(はつもうで)」とされているので、恵方を気に掛ける風習はほとんどみられません。

 

この恵方は、十干に従って毎年変わります。陰陽道では、方位に十干を配当し、その十干は陽干(甲、丙、戊、庚、壬)と陰干(己、辛、癸、乙、丁)に分けられます。そして、徳は陽干、すなわち「兄(え)」に生じ、陰干、すなわち「弟(と)」には徳がないとされていました。この十干について、甲と己、乙と庚、丙と辛、丁と壬、戊と癸の5組が組み合わせられ、それぞれ2つの干の間には密接な関係があり、それが出会うと合して一体となるとされています。これを「干合」といいます。この干合の関係からその年の「徳神」、すなわち恵方が決められます。ですから陽干の年であれば自らの方角が徳神であり、陰干の年であれば干合する相手の方角が徳神となります。つまり「兄」の方角である「兄方」が縁起をかついで「恵方」となったとも考えれます。

 

今年2017年は十干十二支でいえば「丁酉(ひのととり)」ですから、陰干の年です。その干合する相手は「壬(みずのえ)」ですから、その方角は「北北西やや北」、「亥子(いのこ)」の方角が恵方になります。

 

今年はもう既に正月が過ぎてしまいましたので、今さら恵方詣というわけにもいきません。普段初詣に行っている寺社がその年の恵方にない場合、一旦別の方角に行ってから恵方に向かって目指す寺社に詣でるという「方違え(ほうたがえ)」という方法もあります。信じる信じないは別として、このような風習が江戸時代までは行われていたことを知っておくことも一興ではないでしょうか?

 

高見澤

 

おはようございます。今朝の東京は、昨日とうって変わって良い天気です。さすがに朝方はまだ冷えますが、日が昇ってくるともう夏という感じです。そろそろ半袖にしようかなとも思ってしまいます。

 

さて、本日のテーマは「松の内」です。これも睦月の年中行事の一つです。門松などの正月の松飾は三が日を過ぎてもしばらくは飾っておきます。この元日から松飾を取り除く日までを「松の内」と言うことは皆さんご存知かと思います。毎年正月になると、豊作や幸福をもたらすとされる年神様が各家にやって来るので、迷うことなく来られるよう目印となる門松が飾られます。やってきた年神様は鏡餅に宿ると言われるので、松の内の間、鏡餅を飾っておくのがしきたりです。

 

この松の内の期間ですが、もともと日本全国では1月15日まで、鏡餅を食べる鏡開きは1月20日とされていたようです。しかし実際には、松の内は地域によって異なり、関東では1月7日、関西では1月15日までとなっています。では、なぜ関東では松の内の期間が短くなったのでしょうか?

 

慶安4年(1651年)420日に、徳川三代将軍・家光が亡くなります。これ以降、毎月20日は家光の月命日となりました。そのため、徳川幕府のお膝元の関東では、「月命日の鏡開き」を忌み嫌い、120日ではなく111日に鏡開きを行うようになりました。もちろん111日は松の内に当りますので、年神様が宿る間に鏡開きを行うことは失礼なので、寛文2年(1662年)に徳川幕府が、17日をもって飾り納めとする通達を出します。これ以降、関東では松の内が17日までとなり、関西では従来通り115日までとなった、という説があります。

 

もう一つの説は、明暦の大火に由来するものです。明暦3年(1657年)11820日までの3日間、江戸の街がほとんど消失するほどの大火災が起きます。これが明暦の大火です。このため、大火災の発生を恐れた幕府が、松飾りなど燃えやすいものは早く片づけるようにとの御触れを出し、それ以降、松の内の期間が短くなったという説もあります。

 

松の内の「マツ」というのは、本来は植物の「松」ではなく、正月の到来を指折り数えて「待つ」という意味だとも言われています。「もういくつ寝るとお正月...」という童謡にもあるように、昔の人もお正月が来るのが待ち遠しかったのでしょうか。

 

この松飾ですが、地方によってはツバキやシキミを飾るところもあるようです。門松は明治以降、東京を中心に広がった比較的新しい風習のようですが、松飾ではなく注連飾り(しめかざり)を付け、松の内を「注連の内(しめのうち)」という地方もあるそうです。

 

高見澤

 

おはようございます。今朝の東京都心の天気は小雨がパラパラとした状態です。ここ2、3日は気候の急変による災害も起きていますので、注意が必要です。意識を持った行動に心がけましょう。

 

さて、本日も睦月の年中行事の一つである「人日(じんじつ)」についてご紹介したいと思います。この人日は先般お話しした「五節句」の一つでもあります。旧暦の正月七日を人日としており、文字通り「人の日」を意味しています。

 

この由来を調べてみると、中国の前漢時代(BC206AD8年)の文人である東方朔(BC154BC92)によって書かれた『占書』に、正月一日から六日までを獣畜を占い、七日に人を占う風習があったことが記されており、古来中国では、正月一日を鶏の日、二日を狗(いぬ)の日、三日を猪(ぶた)の日、四日を羊の日、五日を牛の日、六日を午の日、そして七日を人の日としていました。そして、それぞれの日には、その日に該当する動物を殺さないようにしていました。ですから、七日には犯罪者に対する刑罰も行わないようにしていたそうです。この風習が平安時代に日本に伝わってきました。

 

一方、古来日本では、年の初めに雪の間から芽を出した若菜を摘む「若菜摘み」という風習がありました。「君がため、春の野に出でて若菜摘む、わが衣手に雪はふりつつ」という、百人一首でお馴染みの光孝天皇の歌にもありますが、これが、中国から伝来した人日の風習と融合して日本独特の風趣が生まれます。それが人日の日に食べる「七草粥」です。

 

当時、中国では人日の日に7種類の食材が入ったスープである「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」を作って食べる習慣がありました。この影響を受け、日本でも7種類の穀物を塩で味付けした七種粥が食べられるようになりました。それが「若菜摘み」と結びついて七草粥になったと言われています。皆さんの中には七草粥の材料となる春の七草を言える方もいるかと思います。「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」ですよね。

 

先般もご紹介した通り、江戸時代にこの人日が式日として定められました。これによって、七草粥を食べる習慣が庶民の間に定着していきます。旧暦正月七日は、今では2月初旬から中旬です。雪解け間近の雪の間から新たな生命力を持った植物が芽生え、それを旬のものとして食することが人の心身の健康につながっていくと考えられていたのかもしれません。

 

高見澤

 

おはようございます。ご無沙汰しており、大変失礼致しました。4月中旬から出張が続き、昨年度の事業報告、新年度の事業計画や予算取りなど、朝早くから夜遅くまで、ゴールデンウイークの休日も満足に休めない日々が続きました。瓦版の発信ができず、ご理解の程、よろしくお願い致します。

 

さて、季節もアッという間に「立夏」もすぎて、暦の上では既に夏到来となっていますが、実際の気候も昨日の気温をみてみると関東各地で真夏日となっています。ここ数年、日本でも一年の気温の差が極端に大きくなってきているように感じるところです。これも何か地球規模での大きな変化が起きる予兆なのかもしれません。

 

さて、今日は睦月(1月)の年中行事についてご紹介したいと思います。

1月といえば年初、何といっても「元旦」を迎えるのが、日本人にとって最初の大きな年中行事です。日本では、今は西洋暦(グレゴリオ暦)による1月1日を元日として祝いますが、江戸時代は当然旧暦の1月1日が元日であったことは想像に難くありません。

 

そもそも「元旦」というのは、年初の日「元日」の朝のことを指します。元日は1月1日のことですから、「1月元旦」という必要はありませんし、「旦」は朝のことですから、「元旦の夜」という言い方も変です。言うならば「元日の夜」という言い方でしょうね。

 

新年は「新春」とも言います。年賀状には、「賀春」、「迎春」、「頌春」といった言葉が使われますよね。これは、旧暦においては、新年を迎えることは「春を迎える」ことという説明で、何となく分かったような気になります。しかし、旧暦の元旦といっても新暦の1月中旬から2月初旬の頃ですから、まだまだ寒さは厳しく、「春」というにはまだ程遠い感じがします。それでは、なぜ新年を春というのでしょうか?

 

それは、日本が中国の暦法である「儀鳳暦」を施行したことが始まりと言われています。この「儀鳳暦」は唐の「麟徳暦」のことで、当時、唐では「立春正月思想」とされており、その考え方も暦法と一緒に渡来したということなのです。「立春」は二十四節気のうちの一つであることは、以前この瓦版でご紹介した通りです。

 

江戸時代、庶民は大晦日の晩は寝なかったようです。寝ないから「除夜」という説もあるようですが、有力なのは「古い年を押しのけて、新年を迎える夜」という説だそうです。除夜の鐘とともに年越し蕎麦を食べ、初日の出を拝むのが庶民の元旦の楽しみの一つであったようです。初日の出を拝む場所としては、深川洲先(須州)、芝高輪、築地等の海岸や駿河台、お茶の水、日本橋周辺が有名だったとのことです。

 

一晩寝ないと、さすがに元日はもっぱら寝ることになります。そして正月二日から正月行事が始まります。江戸時代中期には「初夢は二日の晩の夢」とされていたようですが、今の初夢は元日から翌二日に見る夢を指しています。

 

一方、公家や武家では除夜を行わず、元旦から何かと儀式があって休めなかったようです。天皇は四方拝を行うことになっており、元日節会で宮中や殿中に出仕していたとのこと。何となく自分の生活を顧みているような気にもなります...

 

今ではもう廃れたというか、物理的にできなくなりましたが、元旦の水汲みである「若水迎え」という習慣もありました。元日の早朝に、なるべく遠くへ水を汲みに出かけ、途中で人に会っても口を聞いてはならず、汲んできた水、即ち「若水」を年神様に備え、雑煮やお茶に使って邪気を祓っていたとのことです。今でも地方によっては残っているところもあるようですが、水道が普及した現代ではなかなか考えられない風習です。

 

高見澤

 

おはようございます。昨日の東京はとても暑い1日でした。朝方は雨がぱらつき、風も強かったのですが、その後は一気に気温が上昇し、夏を思わせるような陽気になりました。

ところで、今回の池田顧問が発信されたメルマガですが、非常に興味を持って読ませていただきました。戦争をする際に最も大事なのは「兵站」にあることを、改めて感じさせる内容の文章でした。圧倒的な戦闘力で秦帝国を倒した項羽が劉邦に敗れたのも「兵站」に原因があり、諸葛孔明が北伐で常に苦しんでいたのが「兵站」にあったことは、歴史を学べばよく分かることです。こうした知恵を生活や仕事に活かすことができれば、人生もまた楽しくなるかもしれません。

 

さて、本日は「和風月名」の「睦月(むつき)」について紹介したいと思います。和風月名については、前々回のメルマガで説明した通りで、睦月は旧暦1月を指します。『万葉集』に、「武都紀(むつき)立ち春の来らば...」や「牟都奇(むつき)立つ春の初めに...」といった歌が載っています。この二つの言葉に「睦月」の字が当てはめられたのは中世以降のことだと言われています。とはいえ、この語源については諸説あり、実際のところは定かではありません。

 

室町時代に成立した『節用集(せつようしゅう)』や鎌倉時代末期の『二中歴(にちゅうれき)』には、正月には身分の上下や老若も関係なく、お互いに往来して拝賀し、親族一同集まって娯楽遊宴するという「睦び月(むつびつき)」の意味であるとして、この「むつびつき」が訛って「むつき」となったという説が書かれています。平安後期の歌人・藤原清輔(『奥義抄』)、室町後期の学者・一条冬良(『世諺問答』)、江戸中期の学者・新井白石(『東雅』)などはこの説をとっています。国語辞典などでもこの説を採用していることが多く、現在これが最も有力な説となっています。

 

その他にも、江戸中期の国学者・賀茂真淵(かものまぶち)の「元つ月(もとつつき)」が略されて「むつき」となったという説(『語意考』)、江戸後期の国学者・平田篤胤(ひらたあつたね)の草木の萌きざす「萌月(もゆつき)」が約されたという説(『古今要覧稿』)、江戸中期の国学者・谷川士清(たにがわことすが)の春陽発生の初めである「生月(うむつき)」であるとする説(『和訓栞』)などがあります。

 

また、明治から昭和初めまで活躍した国語学者の大槻文彦は、彼の編纂した『大言海』で「実月の義。稲の実を初めて水に浸す月なりという。十二カ月の名はすべて稲禾生熟の次第を逐いて名づけしなり。一説に相睦び月の意というはいかが」と論じています。

 

本日午後から島根県松江市に出張です。今週はメルマガが発信できませんので、ご了承ください。

 

高見澤

 

 

おはようございます。東京では、先週末の雨風で桜も大分散ったように思えたのですが、それでもまだまだそれなりに花見を楽しめます。草花も夏に向けてエネルギーを放出し始めたといったところでしょうか。

 

さて、本日は年中行事の中でも、皆さんに馴染の深い「五節句」について、少し解説しておきたいと思います。五節句それぞれの説明は、各月ごとの紹介の際に行いますので、ここでは五節句に係る全体的なお話しをします。

 

五節句とは、いずれも旧暦に基づきますが、1月7日の「人日(じんじつ)」、3月3日の「上巳(じょうし)」、5月5日の「端午(たんご)」、7月7日の「七夕(しちせき)」、9月9日の「重陽(ちょうよう)」の5つの式日を指します。この五節句は、江戸時代に定められた式日で、明治初期に編纂された江戸幕府の法令集『徳川禁令考』に収められている『年始嘉節大小名諸士参賀式統令』によると、幕府が制定した式日はこの五節句のほか、1月1日の「年始」と8月1日の「八朔(はっさく)」があります。

 

そもそも「節句」というのは、年中行事を行う日の中でも特に重要とされた日〔節日(せつにち)〕を指し、昔は「節供」と書かれていました。「節日」自体は奈良時代から定められていましたが、それらは主に宮中儀礼としての宴(うたげ)であり、「節会(せちえ)」と記されることもありました。

 

「節供」ですから、元々は稲作を中心とした日本の農耕儀礼において、それぞれの節目の日に神前に供えられる供物を意味します。「節」は折り目、「供」は供物を指すことから、五節句にまつわる飲食物には特別な意味合いが込められていることが分かります。これが江戸時代になると「供」に替わって「句」の字が使われるようになり、「くぎり」という意味に変わってきます。こうして五節句が江戸の庶民の間に「節句」として浸透していくことになります。

 

一般に節日は奇数を重ねた月日に定められていますが、これは中国における陰陽思想から考えられたもので、奇数を重ねた月日に「陽」が極まると「陰」が生じると考えられており、この日は不吉な日として邪気を祓う行事が行われたことに由来していると言われています。そして、中国において邪気を祓う際に使われていたのが特定の植物等です。日本においてもそうした風習が一緒に伝わり、無病息災を祈りつつ独自の文化を育んできました。

 

高見澤

 

おはようございます。昨日の雨もすっかり上がり、今朝の東京は明るい日差しが窓を通して差し込んできます。天気予報によれば、気温も大分上がるようです。

 

さて、具体的な年中行事の話に入る前に、「和風月名(わふうげつめい)」について少しお話をしておいた方が宜しいかと思います。一般には旧暦において使われていた各月の日本風の名称のことです。時々、現在でも使われたりしていますが、季節に合わせて名づけられた和風月名は、現在の時期と多少のズレがあることを感じざるを得ません。それぞれの月名の由来は諸説ありますので、本メルマガでは各月の行事を説明する際に、ご紹介していければと思います。

 

1月ー睦月(むつき)

2月ー如月・衣更着(きさらぎ)

3月ー弥生(やよい)

4月ー卯月(うづき)

5月ー皐月・早月(さつき)

6月ー水無月(みなづき、みなつき)

7月ー文月(ふみづき、ふづき)

8月ー葉月(はづき、はつき)

9月ー長月(ながつき、ながづき)

10月ー神無月(かみなづき、かんなづき)

11月ー霜月(しもつき)

12月ー師走(しわす)

 

先ほどもご説明した通り、和風月名は旧暦に基づいているので、春は睦月、如月、弥生で、夏は卯月、皐月、水無月で、秋が文月、葉月、長月で、冬が神無月、霜月、師走となります。こうした月名は子供の命名にも使われることもあり、「やよいちゃん」は3月生まれと推測できますね。そういえば、宮崎駿監督の「トトロ」に出てくる主人公の「サツキ(皐月)」と「メイ(May)」は、どちらも5月生まれなのでしょうか?

 

この和風月名ですが、日本古来のものであると考えられますが、その起源には昔から諸説あって定かではありません。文献として現存する最古の記述は、奈良時代720年に成立した『日本書紀』です。その「神武紀」のなかの戊午年(神武天皇即位がBC660年とするとBC663年)を中心に、「二月」、「三月」といった漢字に片仮名で「キサラギ」、「ヤヨヒ」のように訓が施されているとのことです。

二月ーキサラギ

三月ーヤヨヒ

四月ーウヅキ

五月ーサツキ

六月ーミナヅキ

八月ーハヅキ

九月ーナガヅキ

十月ーカミナヅキ

十有一月ーシモツキ

十有二月ーシハス

 

この中では一月と七月が抜けていますが、神武天皇即位の「辛酉年(BC660年)正月」を「ムツキ」と読ませ、「安寧紀」には安寧天皇即位の月として「七月」を「フミツキ」と読ませています〔壬子年(BC549年)〕。

 

こうした名称は、記紀万葉の時代から現代までほとんど変わっていません。日本において、この和風月名は、かなり昔から使われていたことが分かります。

 

高見澤

 

おはようございます。今朝の東京は小雨が降っています。昨日に続いて寒く感じますが、確実に春が訪れている感じを受けています。

 

ところで、我が日本の気候の一番の特徴は「春夏秋冬」の四季がはっきりしていることです。北京では春と秋はそれぞれ1~2週間ほどしか感じられず、昨日まで寒かったかと思うと、今日からは急に暑くなるなど、冬と夏しか季節がないのかと思ってしまうほど、極端な気候に戸惑いを感じざるを得ませんでした。

 

こうしたはっきりした季節の面白さや厳しさを感じることができるからこそ、日本では1年を通して年中行事を楽しむことができたのかもしれません。「花鳥風月」や「雪月花」といった言葉は、まさに自然そのものに楽しみや美しさを感じる日本人が生み出したものかもしれません。

 

日本には、「歳時記(歳事記)」というものがあります。これは、元々は宮廷で年中行事や有職故実(ゆうそくこじつ:儀式や法令、服飾などに関する規則や習慣)を記したものですが、江戸時代以降は、俳句の季語を季節ごとに分類し、例句とともに解説を付けた書を指します。今日は、先ずは年中行事に入る前に、歳時記について少しお話ししたいと思います。

 

歳時記は元々中国から伝来したものと言われています。現存するものとしては、6世紀の荊楚地方(現在の湖北・湖南省)の年中行事を記した『荊楚歳時記』があり、これが奈良時代に日本に伝わり、「歳時記」という呼称が知られるようになりました。日本では、江戸時代の儒学者・貝原益軒とその養子である貝原好古が貞享5年(1688年)に著した『日本歳時記』が有名です。

 

昔の歳時記は、年中行事表であるとともに、季節を表す「季節暦」でもあったわけです。江戸を勉強するに当り、歳時記は浮世絵とともに格好の教材だと言えましょう。

 

高見澤

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ